ニキビ治療でおこなわれるのホルモン療法とは

ニキビ治療にはいろんな方法がありますが、その中の一つをご紹介します。

それが、ホルモン治療です。

薬を塗ってみてもなかなか良くならない大人ニキビには、ホルモン療法が適している場合があります。

▽ホルモン療法とは

ニキビは皮脂の分泌が過剰になってできると思われていますが、その根本は男性ホルモンが過剰になったために皮脂の分泌が多くなり、その結果ニキビができやすくなります。

女性ホルモンには男性ホルモンの働きを抑える効果がありますので、女性ホルモンを補給すると良いのです。

病院では、女性ホルモンに似た作用をする成分を疑似ホルモン剤として投与したり、ピルを投与してニキビ治療を行います。

▽ニキビに効くピルとそのメリット、デメリット

ピルというと避妊薬のイメージですが、ニキビ治療にも良いことがわかっています。

ただし、ニキビに効果があるピルというのがありますので、それは医師の診察を受けてみてどのピルが良いか判断してもらうことになります。

新宿のニキビ治療クリニックでも、ホルモン療法を行うところがありますので相談してみると良いでしょう。

ピルを飲むことで得られるメリットは、ニキビの改善の他に月経困難症のある人はその改善、生理周期の改善、自律神経失調症などの軽減といったメリットがたくさんあります。

一方デメリットは頭痛や吐き気がある、血栓症や子宮頸がんのリスクが高くなることがあります。

▽医師と相談しながら進める

ニキビのホルモン療法は、誰にでもできる方法ではありません。

医師の診察を受け、相談しながら進めていく必要があります。

新宿のニキビ治療専門クリニックでも、相談に応じてもらえますのでホルモン療法に興味がある人は行ってみましょう。